赤い右手

ジャンル
海外ミステリ > 本格ミステリ
レーベル
創元推理文庫(M)

判型:文庫判
ページ数:266ページ
初版:2014年11月21日

ISBN:978-4-488-13408-2
Cコード:C0197
文庫コード:M-ロ-9-1


装幀:柳川貴代+Fragment


内容紹介

語り手の私ことハリー・リドルは注意力と観察眼に恵まれた外科医である。手術を依頼された帰りに車が故障し、助けを求めて高名な大学教授の邸宅に行き着いた。修理ののち道行きを再開するや、婚約者が車もろとも攫われたと訴えるエリナ・ダリーに行き合う。赤い目に裂けた耳と鋭い歯、ねじれた脚──不気味な外見の小男を追って警察も動き出した。教授宅に戻った私は、警官が聴取した内容も交えて連続殺人事件の顛末をノートに綴り、悪夢の一夜の再構築を試みる。そこから立ち顕れた真相とは? 一世一代の超絶技巧、ミステリ史に残る比類なき怪作。訳者あとがき=夏来健次

*第2位『このミステリーがすごい!1998年版』海外編



ジョエル・タウンズリー・ロジャーズ

1896年ミズーリ州生まれ。ハーヴァード大学に学び、海軍航空隊除隊後、雑誌の編集者をしながら執筆活動に勤しむ。代表作『赤い右手』のほか数作の長編と多くの中短編を残した。1984年歿。


夏来健次

(ナツキケンジ )

1954年新潟県生まれ。英米文学翻訳家。主な訳書に、ブロック『サイコ』、ラムレイ『タイタス・クロウの事件簿』をはじめとする《タイタス・クロウ・サーガ》、ロジャーズ『赤い右手』など。