トーイン

トーイン

クアルンゲの牛捕り

キアラン・カーソン
栩木伸明


トーイン

ジャンル
一般文芸 > 一般文芸
レーベル
創元ライブラリ

判型:文庫判
ページ数:394ページ
初版:2020年12月25日

ISBN:978-4-488-07079-3
Cコード:C0197
文庫コード:L-カ-2-1


装幀:柳川貴代+Fragment


内容紹介

アルスターの地クアルンゲにいる無双の雄牛を求めて、絶世の女王メーヴはアイルランド全土から二万を超える連合軍を召集、掠奪を目論む。アルスターの男たちが呪いに臥すなか、ただひとり大軍勢に挑むのは若き英雄クー・フリン。アルスター神話群のなかでも名高き英雄譚を日本語による完訳で贈る決定版。解説=井辻朱美


キアラン・カーソン

1948年北アイルランド、ベルファスト生まれ。76年に第一詩集The New Estateを刊行、78年に若い詩人に与えられる奨励賞であるエリック・グレゴリー賞を受賞して以降は、アイルランドの伝統音楽の研究に勤しむ。80年代後半から詩作に復帰、90年にBelfast Confettiがアイルランド文学賞を、93年にFirst Language: PoemsがT・S・エリオット賞を受賞。アイルランド文学を始め古典の英訳も手掛けており、03年にはダンテ『地獄篇』の英訳がオックスフォード・ヴァイデンフェルト翻訳賞を受賞。邦訳に『琥珀捕り』『シャムロック・ティー』『アイルランド音楽への招待』がある。19年没。


栩木伸明

(トチギノブアキ )

1958年東京都生まれ。上智大学大学院文学研究科英文学専攻博士後期課程単位取得退学。現代アイルランド文学・文化専攻。2014年『アイルランドモノ語り』が第65回読売文学賞を受賞。他の著書に『アイルランドのパブから 声の文化の現在』『声色つかいの詩人たち』『アイルランド紀行 ジョイスからU2まで』などが、訳書にカーソン『琥珀捕り』、イェイツ『赤毛のハンラハンと葦間の風』、トレヴァー『聖母の贈り物』、チャトウィン『黒ヶ丘の上で』などがある。