ワタシノワスレモノ

わたしの忘れ物

乾ルカ


わたしの忘れ物

ジャンル
一般文芸 > 連作短編集

判型:四六判仮フランス装
ページ数:278ページ
初版:2018年3月16日

ISBN:978-4-488-02780-3
Cコード:C0093

装画:石井理恵
装幀:鈴木久美


内容紹介

中辻恵麻がH大学生部から無理矢理に紹介された、大型複合商業施設の忘れ物センター──届けられる忘れ物を整理し、引き取りに来る人に対応する──でのアルバイト。
引っ込み思案で目立たない、透明なセロファンのような存在の私に、この仕事を紹介したのはなぜ? なぜこんな他愛のない物を引き取りに来るの?
忘れ物の品々とその持ち主との出会い、センターのスタッフとの交流の中で、少しずつ心の成長を遂げる恵麻だが──。六つの忘れ物を巡って描かれる、じんわりと心に染みる連作集。


乾ルカ

(イヌイルカ )

1970年北海道生まれ。2006年「夏光」が第86回オール讀物新人賞を受賞。翌年に受賞作を表題作とした短編集でデビュー。2010年『あの日にかえりたい』で第143回直木賞の、『メグル』で第13回大藪春彦賞の候補となる。主な著書に『てふてふ荘へようこそ』『ばくりや』『向かい風で飛べ!』『花が咲くとき』『ミツハの一族』などがある。