セカイノオワリトヨウセイノウマ

世界の終わりと妖精の馬〈上〉

時間のない国で3

ケイト・トンプソン
渡辺庸子


世界の終わりと妖精の馬〈上〉

ジャンル
ファンタジイ > ファンタジイ
レーベル
創元ブックランド

判型:四六判上製
ページ数:246ページ
初版:2011年5月30日

ISBN:978-4-488-01982-2
Cコード:C0097

装画:塩田雅紀
装幀:藤田知子


内容紹介

アイルランドは大変なことになっていた。天候は荒れ、作物などとれる状態ではない。リディ家の長男ドナルは、独裁者になった弟の配下で心ならずも将軍として指揮をとるはめになっていた。このままでは人類の貴重な遺産が失われてしまう……。ドナルは奇想天外な計画を実行にうつすことにした。とぼけた筆致で世界の終わりを描く、ガーディアン賞、ウィットブレッド賞、ビスト最優秀児童図書賞受賞した『時間のない国で』三部作完結編。



ケイト・トンプソン

1956年、イギリス、ヨークシャー地方ハリファックス生まれ。1981年アイルランドに移り住み。現在ゴールウェイ近郊のキンバラに在住。1994年にアイルランドで処女作Switcher を刊行。以降年1冊のペースで刊行を続ける。The Beguiler(2001)、The Alchemist's Apprentice (2002)、 Annan Water(2004)、そして『時間のない国で』(創元ブックランド)とビスト最優秀児童図書賞受賞(アイルランドの優れた児童文学に与えられる賞)を連続して受賞。『時間のない国で』で初めてイギリスのビッグタイトル、ガーディアン賞、ウィットブレッド賞を受賞した。