セイジャク

静寂

ある殺人者の記録

トーマス・ラープ
酒寄進一


静寂

ジャンル
一般文芸 > 一般文芸

判型:四六判上製
ページ数:320ページ
初版:2017年6月16日

ISBN:978-4-488-01069-0
Cコード:C0097

装画:高山裕子
装幀:山田英春


内容紹介

蝶の羽ばたき、彼方の梢のそよぎ、草むらを這うトカゲの気配。カールは、そのすべてが聞こえるほど鋭敏な聴覚を持って生まれた。あらゆる音は耳に突き刺さる騒音になり、赤ん坊のカールを苦しめる。息子の特異さに気づいた両親は、彼を地下室で育てることにした。やがて9歳になった彼に、決定的な変化が訪れる。母親の入水をきっかけに、彼は死という「静寂」こそが安らぎであると確信する。そして、自分の手で、誰かに死を贈ることもできるのだと。――この世界にとってあまりにも異質な存在になってしまった、純粋で奇妙な殺人者の生涯を描く研ぎ澄まされた傑作!

◇ 読者モニターの絶賛の声 ◇
おどろおどろしい話を淡々と美しく紡いでいく作者の力量に感服。――30代女性

忘れられない物語に、また出会うことができた。――40代男性

犯人をあぶりだす物語ではなく、ただ、幸せを願った物語。 凄惨なのに、不思議と心温まる。圧倒的でした。――30代男性

最後まで読み終わってみると最初の言葉の意味がわかるという、一つの輪のような素晴らしく美しい作品でした。――20代女性



トーマス・ラープ

1970年生まれ、オーストリアのウィーン在住の作家、作曲家、ミュージシャン。2007年にDer Metzger muss nachsitzenで作家デビュー。同書をはじめとする美術修復家メツガーが主人公のミステリ・シリーズは、現在までに7作刊行されている。2011年に、シリーズ4作目が書店や学校などが投票権を持つ文学賞Buchliebling(愛読者賞)のミステリ&スリラー部門を受賞。2013年には6作目がウィーン市とオーストリア書籍販売協会が主催するレオ=ペルッツ賞を受賞。また、シリーズ中2作がドイツのテレビ局ARDの制作で2014年夏にドラマ化された。2015年、作風や文体を変え、初めて文学の領域に踏み込んだ『静寂』が、本国だけでなくドイツ語圏の読書界で非常に高く評価された。『静寂』はすでにオランダやスペインなどで翻訳刊行されている。


酒寄進一

(サカヨリシンイチ )

1958年生まれ。ドイツ文学翻訳家。上智大学、ケルン大学、ミュンスター大学に学び、新潟大学講師を経て和光大学教授。主な訳書に、イーザウ《ネシャン・サーガ》シリーズ、ブレヒト『三文オペラ』、ヴェデキント『春のめざめ――子どもたちの悲劇』、セシェ『囀る魚』、シーラッハ『犯罪』『罪悪』『テロ』、ノイハウス『深い疵』、グルーバー『夏を殺す少女』『刺青の殺人者』ほか多数。