ハリークバートジケン

ハリー・クバート事件〈上〉

  【単行本版】

ジョエル・ディケール
橘明美


ハリー・クバート事件〈上〉

ジャンル
海外ミステリ > ミステリ

判型:四六判並製
ページ数:418ページ
初版:2014年7月31日

ISBN:978-4-488-01026-3
Cコード:C0097

写真:(c) Thomas Hoepker/Magnum Photos/amanaimages (c) MITSUHIRO OUCHI/a.collectionRF/amanaimages
装幀:中村聡


内容紹介

アカデミー・フランセーズ賞受賞
高校生が選ぶゴンクール賞受賞

デビュー作が大ヒットして一躍ベストセラー作家となった新人マーカスは第二作の執筆に行き詰まっていた。そんな時、頼りにしていた大学の恩師で国民的作家のハリー・クバートが、少女殺害事件の容疑者となる。33年前に失踪した美少女ノラの白骨死体が彼の家の庭から発見されたのだ! マーカスは、師の無実を証明すべく事件について調べ始める。全ヨーロッパで200万部のメガセラーとなったスイス人作家ディケールのミステリ登場。

*第4位〈週刊文春〉2014ミステリーベスト10 海外部門
*第6位『このミステリーがすごい!2015年版』海外編
*第9位『ミステリが読みたい!2015年版』海外篇

上巻

上下合本版



ジョエル・ディケール

1985年ジュネーブに生まれる。ジュネーブ大学で法学を学ぶ。2005年に書いた短編でローザンヌの若い作家のための国際文学賞を受賞。2010年には第一長編で、ジュネーブ作家協会賞を受賞。『ハリー・クバート事件』は2012年にアカデミー・フランセーズ賞、高校生が選ぶゴンクール賞を受賞。舞台となったアメリカ、ニューイングランド地方は、子供時代から毎年、夏を過ごしてきた土地。