近刊案内 単行本


今後発行予定の近刊情報です。
※刊行日・書名・価格など変更になる場合がございます。
※定価は税込みです。

表示順
昇順・降順
表示件数

該当商品10件中、1〜10件目を表示


国内ミステリ  >> ミステリーズ!

ミステリーズ!vol.92 DECEMBER 2018

ミステリーズ!vol.92 DECEMBER 2018

定価:1,296円  ISBN:978-4-488-03092-6

12月12日刊行

※発売日は地域・書店によって前後する場合がございます

米澤穂信、待望のシリーズ最新短編掲載! 懸賞付き犯人当て小説・市川憂人「赤鉛筆は要らない」解答編掲載。奥田亜希子、丸山正樹ら傑作読切ほか。 


一般文芸  >> 幻想小説

言葉人形

言葉人形

ジェフリー・フォード
谷垣暁美 編訳

定価:3,240円  ISBN:978-4-488-01667-8

12月20日刊行

※発売日は地域・書店によって前後する場合がございます

魔術師、故郷、儚さ、分身、天使と悪魔のチェスセット、折り紙細工、光の研究、幻影の王国……現代幻想文学の巨人の精髄ともいうべき13篇を収める傑作選。日本オリジナル編集。 


SF  >> アンソロジー

Genesis 一万年の午後

Genesis 一万年の午後

堀晃 他著

定価:1,944円  ISBN:978-4-488-01830-6

12月20日刊行

※発売日は地域・書店によって前後する場合がございます

熟練のベテランから日本SFの未来を担う新鋭まで、現代SF界を牽引する8名が集結。新時代を創る書き下ろしアンソロジーシリーズ誕生。 


国内ミステリ

開化鐵道探偵 第一〇二列車の謎

開化鐵道探偵 第一〇二列車の謎

山本巧次

定価:1,944円  ISBN:978-4-488-02007-1

12月20日刊行

※発売日は地域・書店によって前後する場合がございます

明治18年。開業間もない大宮駅で脱線した、日本鉄道の貨車から徳川埋蔵金が発見された!? 埋蔵金をめぐる事件に元八丁堀同心と鉄道技手が挑む。時代×鉄道ミステリ第2弾! 


ファンタジイ  >> ファンタジイ

青炎の剣士

オーリエラントの魔道師シリーズ

青炎の剣士

乾石智子

定価:2,052円  ISBN:978-4-488-02784-1

1月12日刊行

※発売日は地域・書店によって前後する場合がございます

〈死の谷〉から生還したエンス。敵に寝返ったエミラーダ。侵略軍を率いる元帝国軍人の真の狙いは? 魔女国千五百年の呪いは解けるのか? 紐結びの魔道師三部作ここに完結。 


ファンタジイ  >> ファンタジイ

カッコーの歌

カッコーの歌

フランシス・ハーディング
児玉敦子

定価:3,564円  ISBN:978-4-488-01085-0

1月21日刊行

※発売日は地域・書店によって前後する場合がございます

「あと七日」耳もとで言葉が聞こえる。 わたしに何が起きているの? 『嘘の木』の著者が放つ、ダークファンタジーの傑作。英国幻想文学大賞受賞、カーネギー賞最終候補作。 


一般文芸  >> 短編集

月虹の夜市

月虹の夜市

折口真喜子

定価:1,728円  ISBN:978-4-488-02795-7

1月21日刊行

※発売日は地域・書店によって前後する場合がございます

若狭屋を切り盛りする女将のお涼が出会う、不思議なモノ達。あちらとこちらの世界をつなぐ不思議な船宿の愛おしくてあたたかい、あやかし話。シリーズ第2弾。 


ノンフィクション・その他  >> 囲碁

読めば力が湧いてくる

読めば力が湧いてくる

鄭壽鉉
洪敏和

定価:2,160円  ISBN:978-4-488-00098-1

1月30日刊行

※発売日は地域・書店によって前後する場合がございます

読みの力がないと盤上で起こる様々な状況に効果的に対処するのは難しい。しかし読みの技術に焦点を当てた本はなかった。本書はその読みの秘訣を沢山の例を挙げて解説した。 


国内ミステリ  >> 本格ミステリ

だから殺せなかった

だから殺せなかった

一本木透

定価:1,944円  ISBN:978-4-488-02787-2

1月30日刊行

※発売日は地域・書店によって前後する場合がございます

新聞記者と連続殺人犯の息詰まる紙上戦──圧倒的なリアリティで劇場型犯罪と報道の行方を描き、話題作『屍人荘の殺人』と栄冠を争った第27回鮎川哲也賞優秀賞受賞作。 


国内ミステリ  >> 本格ミステリ

魔眼の匣の殺人

魔眼の匣の殺人

今村昌弘

定価:1,836円  ISBN:978-4-488-02796-4

2月20日刊行

※発売日は地域・書店によって前後する場合がございます

班目機関を追う葉村と比留子が辿り着いたのは、“魔眼の匣”と呼ばれる元研究所だった。閉ざされた匣で告げられた死の予言は成就するのか。『屍人荘の殺人』シリーズ第二弾! 


該当商品10件中、1〜10件目を表示