東京創元社主催 文学新人賞 鮎川哲也賞

東京創元社が主催する長編ミステリの新人賞である、第29回鮎川哲也賞ですが、2018年10月31日をもちまして受付を締め切らせていただきました。
応募総数は152作品でした。今回も多数のご応募をいただき、誠にありがとうございました。

また、第30回鮎川哲也賞の受付を開始しております。
締め切りは2019年10月31日となります。奮ってご応募ください。 

第6回 鮎川哲也賞 決定

 1995年5月31日、第6回鮎川哲也賞の最終選考会が、鮎川哲也・紀田順一郎・中島河太郎の選考委員三氏によりおこなわれ、上記のとおり決定しました。選考経過等の詳細は『創元推理10〈'95年秋号〉』(1995年9月刊/品切)をご覧ください。

 

受賞者のプロフィール
 北森鴻(きたもりこう)
  1961年、山口県生まれ。駒澤大学文学部歴史学科卒。フリーライター。

最終候補が決定しました

青壁憂也紙の中
北森鴻狂乱二十四孝
佐々木俊介繭の夏
三好圭一最後の風景
村瀬継弥藤田先生のミステリアスな一年
横内正彦最果ての国

1次選考の通過作が決定しました

青壁憂也紙の中
朱村東曜鬼神の末裔
天野麻弥獣が哭く館
市川拓司純粋不安
北森鴻狂乱二十四孝
佐々木俊介繭の夏
三条堀嶺0.1ミクロンの恐怖
松坂吉将無関係な死
三好圭一最後の風景
村瀬継弥藤田先生のミステリアスな一年
山瀬翠セイレーンの囁き
横内正彦最果ての国

第6回 鮎川哲也賞 応募規定

■選考委員  鮎川哲也/紀田順一郎/中島河太郎