ユウショウジェラールノボウケン

勇将ジェラールの冒険

アーサー・コナン・ドイル
上野景福


勇将ジェラールの冒険

ジャンル
一般文芸 > 歴史ロマン
レーベル
創元推理文庫(F)
シリーズ
勇将ジェラール・シリーズ

判型:文庫判
ページ数:287ページ
初版:1972年6月9日

ISBN:978-4-488-51102-9
Cコード:C0197
文庫コード:F-ト-1-2



内容紹介

『勇将ジェラールの回想』につづいて、第1話「准将が耳をなくした顛末」から、ワーテルローの戦いにおけるジェラールの活躍を描いた中編「准将がワーテルローで奮戦した顛末」を経て、忠誠をつくすナポレオンの死に直面する最終編「准将の最後の冒険」まで、ガスコン生まれの快男児ジェラールの痛快無比の武勇談、完結編。本文イラスト=山本耀也


アーサー・コナン・ドイル/コナン・ドイル

1859年イギリス生まれ。開業医をしていたがはかばかしくなく、生活のために筆をとり、1887年発表の『緋色の研究』で名探偵シャーロック・ホームズを創造。1891年から〈ストランド・マガジン〉に連載したホームズが登場する短編で圧倒的な人気を集め、一躍作家的地位を確立した。一方『勇将ジェラールの回想』等の歴史小説、チャレンジャー教授の活躍する『失われた世界』等のSFにもすぐれた作品を残し、それぞれの分野の古典として今なお愛読されている。1930年没。