ホシクダキノムスメ

星砕きの娘

松葉屋なつみ


星砕きの娘

ジャンル
ファンタジイ > ファンタジイ

判型:四六判上製
ページ数:350ページ
初版:2019年8月30日

ISBN:978-4-488-02798-8
Cコード:C0093

装画:遠田志帆
装幀:東京創元社装幀室


内容紹介

第四回創元ファンタジイ新人賞受賞作

魔の化生、鬼の跋扈する地、敷島国。鬼にさらわれて以来、その砦に囚われていた少年鉉太は、ある日川で蓮の蕾を拾う。砦に戻ると、驚いたことに蕾は赤子に変化していた。赤子は蓮華と名づけられ、美しさと強さを兼ね備えた娘に成長する。だが、蓮華には大きな秘密があった。〈明〉の星が昇ると赤子に戻ってしまうのだ。鉉太が囚われて七年、都から鬼の砦に討伐軍が派遣されるが……。鬼と人との相克、憎しみの虜になった人々の苦悩と救済を描いた、感動のファンタジイ大作。



松葉屋なつみ

(マツバヤナツミ )

静岡県出身。筑波大学卒業。『歌う峰のアリエス』でC★NOVELS大賞を受賞し、中央公論新社C★NOVELS Fantasiaにて同書を刊行。『沙石の河原に鬼の舞う』で第四回創元ファンタジイ新人賞受賞(刊行時に『星砕きの娘』に改題)。