ウシナワレタモノタチノホン

失われたものたちの本

  【単行本版】

ジョン・コナリー
田内志文


失われたものたちの本

ジャンル
ファンタジイ > 異世界ファンタジイ

判型:四六判並製
ページ数:382ページ
初版:2015年9月30日

ISBN:978-4-488-01049-2
Cコード:C0097

装画:天羽間ソラノ
装幀:藤田知子


内容紹介

全米図書館協会アレックス賞受賞作

第二次世界大戦下のイギリス。本を愛する12歳のデイヴィッドは、母親を病気で亡くしてしまう。孤独に苛まれた彼はいつしか本の囁きを聞いたり、不思議な王国の幻を見たりしはじめる。ある日、死んだはずの母の声に導かれて、おとぎ話の登場人物や神話の怪物たちが蠢く、美しくも残酷な物語の世界の王国に迷い込んでしまう。元の世界に戻るため『失われたものたちの本』を探す旅に出るが……。少年の謎に満ちた旅路と、困難を乗り越えて成長する姿を描く異世界冒険譚。訳者あとがき=田内志文



ジョン・コナリー

1968年アイルランド生まれ。犯罪小説、ホラー、ファンタジーなどを執筆。ダブリン大学およびダブリンシティ大学で学んだ後、フリーのジャーナリストとして活動。1999年のデビュー作『死せるものすべてに』はシェイマス賞を受賞したほか、ブラム・ストーカー賞とバリー賞にノミネートされた。2007年に『失われたものたちの本』で全米図書館協会アレックス賞を、2014年に「キャクストン私設図書館」でアメリカ探偵作家クラブ(MWA)賞とアンソニー賞の最優秀短編賞を受賞した。


田内志文

(タウチシモン )

文筆家、スヌーカー選手。訳書にコナリー『失われたものたちの本』『キャクストン私設図書館』、ジャクソン『10の奇妙な話』『こうしてイギリスから熊がいなくなりました』、カウフマン『銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件/奇妙という名の五人兄妹』、スティーヴンソン『新訳 ジキル博士とハイド氏』、オーウェル『1984』などがあるほか、アンソロジー『辞書、のような物語。』に短編「レネの村の辞書」が収録されている。