ギンコウゴウトウニアッテツマガチヂンデシマッタジケン

銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件

アンドリュー・カウフマン
田内志文


在庫なし

定価:1,296円 (本体価格:1,200円)

    オンライン書店で購入する

  • amazonで購入する
  • 楽天ブックスで購入する
  • hontoで購入する
  • 紀伊国屋書店で購入する
  • セブンアンドワイで購入する
  • e-honで購入する
  • 本やタウンで購入する
  • TSUTAYA オンラインショッピング
  • boox

    電子書籍を購入する

    電子書籍版は下記サイトでお求めになれます。価格等は異なる場合がありますので、リンク先でご確認ください。(解説等が含まれない場合があります。)

  • Amazon kindreで購入する
  • hontoで購入する
  • kinoppyで購入する
  • Yondemillで購入する

銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件

ジャンル
一般文芸 > 一般文芸

判型:四六判上製
ページ数:134ページ
初版:2013年9月20日

ISBN:978-4-488-01007-2
Cコード:C0097

装画:トム・パーシヴァル
装幀:森田恭行(キガミッツ)


内容紹介

ある日、カナダの銀行に強盗がやってきて、人々から“もっとも思い入れのあるもの”を奪っていった。「私は、あなたがたの魂の51%を手に、ここを立ち去ってゆきます。そのせいであなたがたの人生には、一風おかしな、不可思議なできごとが起こることになるでしょう」その言葉どおり、被害者たちに奇妙なことが起こりはじめる。身長が日に日に縮んでしまったり、心臓が爆弾になってしまったり。母親が九十八人に分裂した男性もいれば、夫が雪だるまに変身した女性も……。なぜこんなことが起きるのか? 奇才が描く不思議な比喩の世界! 訳者あとがき= 田内志文