著作一覧


ミック・ジャクソン

1960年、イギリス生まれ。20代の頃はアメリカのロックバンドで活躍、その後短編映画の監督・脚本を手がけ、1997年に『穴掘り公爵』で作家デビュー。同書はイギリス最高の文学賞であるブッカー賞と、イギリスまたはアイルランド在住の作家に与えられるウィットブレッド賞(現在はコスタ賞)デビュー作賞それぞれの最終候補作となった。主な著作に『こうしてイギリスから熊がいなくなりました』、Five Boys(2002)、The Widow’s Tale(2010)などがある。

表示順
昇順・降順
表示件数

該当商品3件中、1〜3件目を表示


一般文芸  >> 奇妙な味

10の奇妙な話

10の奇妙な話

ミック・ジャクソン
田内志文

定価:924円  ISBN:978-4-488-59403-9

在庫僅少  初版:2022年1月21日

隠者となった男、蝶の修理屋を志す少年、骨を集めてネックレスを作ろうとする少女。ブッカー賞最終候補作の著者が、日常と異常の境界を越えてしまった人々を描く珠玉の短編集。 


一般文芸  >> 奇妙な味

こうしてイギリスから熊がいなくなりました

こうしてイギリスから熊がいなくなりました

ミック・ジャクソン
田内志文

定価:1,650円  ISBN:978-4-488-01082-9

在庫あり  初版:2018年8月10日

皮肉とユーモアを交えて独特の筆致で描かれる8つの奇妙な熊の物語。『10の奇妙な話』のブッカー賞最終候補作家がイギリスで絶滅してしまった熊に捧げる大人のための寓話。 


一般文芸  >> 奇妙な味

10の奇妙な話

10の奇妙な話  【単行本版】

ミック・ジャクソン
田内志文

定価:1,650円  ISBN:978-4-488-01053-9

在庫なし  初版:2016年2月12日

金持ち夫妻に雇われ隠者となった男や、蝶の修理屋を志し博物館の標本の蝶を蘇らせようとする少年。日常と異常の境界線を飛び越えてしまった人々を描く奇妙で愛おしい物語。 


該当商品3件中、1〜3件目を表示