ユキニハユキノナリタイシロサガアル

雪には雪のなりたい白さがある

瀬那和章


在庫あり

定価:1,404円 (本体価格:1,300円)

    オンライン書店で購入する

  • amazonで購入する
  • 楽天ブックスで購入する
  • hontoで購入する
  • 紀伊国屋書店で購入する
  • セブンアンドワイで購入する
  • e-honで購入する
  • 本やタウンで購入する
  • TSUTAYA オンラインショッピング
  • boox

    電子書籍を購入する

    電子書籍版は下記サイトでお求めになれます。価格等は異なる場合がありますので、リンク先でご確認ください。(解説等が含まれない場合があります。)

  • Amazon kindreで購入する
  • hontoで購入する
  • kinoppyで購入する
  • Yondemillで購入する

雪には雪のなりたい白さがある

ジャンル
一般文芸 > 短編集

判型:四六判並製
ページ数:250ページ
初版:2014年9月30日

ISBN:978-4-488-02737-7
Cコード:C0093

装画:げみ
装幀:アルビレオ


内容紹介

中学三年生のクリスマス。瑞希は外国に引っ越す恋人に別れを告げられた。けれど、二人は航空記念公園にある「天馬」の前で一つの約束をする。あれから10年、届いた同窓会の招待状に、瑞希は彼との再会を期待せずにはいられなかった。そして、彼があの日の約束を覚えていることを。(「雪には雪のなりたい白さがある」)
春の嵐、夏の日差し、秋の落ち葉を踏む音、冬の寒さ。公園の中で空を見上げれば、あの日々を思い出す──。公園を舞台に紡がれる四つの物語。


目次

「雨上がりに傘を差すように」港の見える丘公園
「体温計は嘘をつかない」あけぼの子どもの森公園
「メタセコイアを探してください」石神井公園
「雪には雪のなりたい白さがある」航空記念公園



瀬那和章

(セナカズアキ )

兵庫県生まれ。2007年、第14回電撃小説大賞〈銀賞〉を受賞し、『under 異界ノスタルジア』でデビュー。〈レンタル・フルムーン〉シリーズをはじめ、『好きと嫌いのあいだにシャンプーを置く』『婚活シュート!』などの著書がある。『雪には雪のなりたい白さがある』が初の一般文芸作品となる。