バルザックゼンシュウ

バルザック全集〈24巻〉

モデスト・ミニョン ソーの舞踏会 ド・カディニャン公妃の秘密

オノレ・ド・バルザック
寺田透中村真一郎朝倉季雄


バルザック全集〈24巻〉

ジャンル
一般文芸 > 全集
シリーズ
バルザック全集

判型:フールス判箱入
ページ数:364ページ
初版:1974年7月25日

ISBN:978-4-488-01924-2
Cコード:C1397



内容紹介

十九世紀フランス社会を幅広く捉え、生の根源に遡る深みにまで達した近代小説の祖バルザック。本全集はあらゆる階層の人間たちが登場し、濃密なリアリティに満ちた一個の社会を創りあげる壮大な〈人間喜劇〉の数々の作品に、書簡集を加えた。


中村真一郎

(ナカムラシンイチロウ )

1918年東京府生まれ。東京帝国大学卒。日本語による定型押韻詩を試みる文学運動「マチネ・ポエティク」を加藤周一や福永武彦と推進する傍ら創作活動を始める。47年には初の著書となる長編小説『死の影の下に』を刊行する。78年『夏』が第14回谷崎潤一郎賞を、85年『冬』が第17回日本文学大賞を受賞。小説のみならず文芸評論や評伝も旺盛に執筆、とりわけ後期は近現代のみならず王朝文学や漢文学も含む浩瀚な評論活動を展開する。89年に刊行された『蠣崎波響の生涯』は第27回藤村記念歴程賞ならびに第41回読売文学賞を受賞。
ミステリへの造詣も深く『黒い終点』などの小説のほか〈エラリイ・クイーンズ・ミステリマガジン〉に連載していた読書エッセイ『深夜の散歩』(福永武彦、丸谷才一と共著)がある。97年没。