イングランドイングランド

イングランド・イングランド

ジュリアン・バーンズ
古草秀子


イングランド・イングランド

ジャンル
一般文芸 > 一般文芸
レーベル
海外文学セレクション

判型:四六判仮フランス装
ページ数:266ページ
初版:2006年12月25日

ISBN:978-4-488-01639-5
Cコード:C0097

装画:牛尾篤
装幀:緒方修一


内容紹介

ある島をイングランドのレプリカにするという計画。ウェストミンスター寺院も、二階建てバスも、マンチェスター・ユナイテッドも、すべてがそこにあって、すべてをそこで見られるという大プロジェクト。そのうち、王室も「タイムズ」もこちらに本拠地を移し、本物のイングランドは「オールド・イングランド」と呼ばれるようになり……。サマセット・モーム賞作家によるアイロニーと風刺に満ちた傑作。これぞ、ヴィンテージ・バーンズ! 訳者あとがき=古草秀子

*書評掲載 読売新聞2007年2月4日読書欄「本よみうり堂」(高橋秀実氏)



古草秀子

(フルクサヒデコ )

青山学院大学文学部卒。ロンドン大学アジア・アフリカ研究院(SOAS)を経て、同大学経済学院(LSE)大学院にて国際政治学を学ぶ。訳書にJ・バーンズ『イングランド・イングランド』、J・グローガン『マーリー』他多数。