アノトショカンノカノジョタチ

あの図書館の彼女たち

ジャネット・スケスリン・チャールズ
高山祥子


在庫僅少

定価:2,420円 (本体価格:2,200円)

    オンライン書店で購入する

  • amazonで購入する
  • 楽天ブックスで購入する
  • hontoで購入する
  • 紀伊国屋書店で購入する
  • セブンアンドワイで購入する
  • ヨドバシカメラで購入する
  • e-honで購入する
  • 本やタウンで購入する
  • TSUTAYA オンラインショッピング

    電子書籍を購入する

    電子書籍版は下記サイトでお求めになれます。価格等は異なる場合がありますので、リンク先でご確認ください。(解説等が含まれない場合があります。)

  • Amazon kindreで購入する
  • Book Liveで購入する
  • BOOK☆WALKERで購入する
  • ebookjapanで購入する
  • Googleブックスで購入する
  • hontoで購入する
  • ibooksで購入する
  • kinoppyで購入する
  • 楽天koboで購入する
  • Readerstoreで購入する
  • Yondemillで購入する

あの図書館の彼女たち

ジャンル
一般文芸 > 一般文芸

判型:四六判並製
ページ数:460ページ
初版:2022年4月22日

ISBN:978-4-488-01113-0
Cコード:C0097

装画:荻原美里
装幀:岡本歌織(next door design)


内容紹介

「ひとは読むものよ」女性館長は言った。
「戦争であろうとなかろうとね」
――本文より

★2021年2月のAmazonベストブックの一冊
★〈ニューヨーク・タイムズ〉ベストセラー
★35か国語に翻訳予定

1939年パリ。20歳のオディールは、アメリカ図書館の司書に採用された。本好きな彼女は水を得た魚のように熱心に仕事に取り組み、女性館長や同僚、そして個性豊かな図書館利用者たちとの絆を深めていく。やがてドイツとの戦争が始まり、図書館は病院や戦地にいる兵士に本を送るプロジェクトに取り組み始める。しかしドイツ軍がやってきてパリを占領し、ユダヤ人の利用者に危機が訪れ……。
1983年アメリカ、モンタナ州フロイド。12歳の少女リリーは、“戦争花嫁”と呼ばれる孤独な隣人、オディールと知り合いになる。リリーはオディールの家に出入りしてフランス語を教わるようになり、二人の間には世代を超えた友情が芽生えていく。だがリリーは、しだいにオディールの謎めいた過去が気になりはじめ……。

人々にかけがえのない本を届け続けた、図書館員たちの勇気と絆を描く感動作! 
訳者あとがき=高山祥子


高山祥子

(タカヤマショウコ )

1960年東京都生まれ。成城大学文芸学部卒。