トショカンシショトフシノネコ

図書館司書と不死の猫

リン・トラス
玉木亨


図書館司書と不死の猫

ジャンル
一般文芸 > 奇妙な味

判型:四六判上製
ページ数:242ページ
初版:2019年5月10日

ISBN:978-4-488-01089-8
Cコード:C0097

装画:かわいちともこ
装幀:藤田知子


内容紹介

愛妻を亡くし、ケンブリッジの図書館を定年退職したばかりのわたしのもとへ、ある日一通の奇妙なメールが届く。添付されていたフォルダには、突然失踪した姉をさがす男の手記と、その女性に飼われていた猫に関する信じがたい情報がおさめられていた。猫は人間の言葉をしゃべり、血も凍るような過去を語っていた──。わたしは好奇心に駆られて、真偽を確かめようと調査にのりだす。予測不可能な恐ろしい事態に巻きこまれるとも知らずに……。
ミステリ、ホラー、文学への愛がたっぷり詰めこまれた、不死の猫をめぐる不思議でブラックな物語! 訳者あとがき=玉木亨


玉木亨

(タマキトオル )

1962年東京都生まれ。慶應大学経済学部卒。英米文学翻訳家。主な訳書にクリーヴス『大鴉の啼く冬』『白夜に惑う夏』、ケリー『水時計』、サンソム『蔵書まるごと消失事件』、マン『フランクを始末するには』などがある。