ミステリ・SF・ファンタジー・ホラーの専門出版 TOKYO SOGENSHA

キョウジンテイノサツジン 兇人邸の殺人

兇人邸の殺人

在庫僅少

定価
1,870円(本体価格:1,700円)
ジャンル
  1. 国内ミステリ > 本格ミステリ
判型
四六判上製
ページ数
362ページ
初版
2021年7月30日
ISBN
978-4-488-02845-9
Cコード
C0093
装画
遠田志帆
装幀
鈴木久美

オンライン書店で購入

内容紹介

『魔眼の匣の殺人』から数ヶ月後──。神紅大学ミステリ愛好会の葉村譲と剣崎比留子が突然の依頼で連れて行かれた先は、“生ける廃墟”として人気を博す地方テーマパークだった。園内にそびえる異様な建物「兇人邸」に、比留子たちが追う班目機関の研究成果が隠されているという。深夜、依頼主たちとともに兇人邸に潜入した二人を、“異形の存在”の無慈悲な殺戮が待ち受けていた。待望のシリーズ第3弾、ついに刊行!

著者紹介

今村昌弘 (イマムラマサヒロ)

1985年長崎県生まれ。岡山大学卒。2017年『屍人荘の殺人』で第27回鮎川哲也賞を受賞しデビュー。同作は『このミステリーがすごい!』、〈週刊文春〉ミステリーベスト10、『本格ミステリ・ベスト10』で第1位を獲得し、第18回本格ミステリ大賞[小説部門]を受賞、第15回本屋大賞第3位に選出。映画化、コミカライズもされた。シリーズ第2弾『魔眼の匣の殺人』も各ミステリランキングベスト3に連続ランクイン。2021年、テレビドラマ『ネメシス』に脚本協力として参加。今最も注目される期待の俊英。

著訳者の既刊本

この本もおすすめ