東京創元社主催 文学新人賞 ミステリーズ!新人賞

第14回ミステリーズ!新人賞は、2017年3月31日をもちまして受付を締め切らせていただきました。応募総数は472作品でした。今回も多数のご応募をいただき、誠にありがとうございました。

1次選考は5月中旬におこなわれる予定です。今後の経過については随時、本ページ上でお知らせしてまいります。

第14回 ミステリーズ!新人賞

第14回 ミステリーズ!新人賞 応募規定

■選考委員  大崎梢/新保博久/米澤穂信

【選考委員より投稿される皆さんへ】

◇大崎梢先生
面白い話が読みたいです。冒頭の数行で物語世界に引き込まれ、そこからは驚かされるのか、泣かされるのか、ぞっとさせられるのか、笑ってしまうのか、すべては書き手の思うがまま。最後に「そうだったのか」と、膝を打たせる作品を待っています。「こんなの初めて」という喜びもお願いします。
◇新保博久先生
新しい密室トリック、新しいアリバイ・トリックなどは要りません。「密室」「アリバイ」に代わるような新しい謎の創造をこそ……と、口で言うほど簡単にはいかないでしょう。しかし意気込みとしてはそれくらいお願いしたい。プロの上手な物真似を見たいわけではありません。
◇米澤穂信先生
まだ世に出ていないミステリをいち早く読めるなんて、幸せなことです。特に短篇は、文章や長さ、仕掛けにいたるまでデザインされ磨き抜かれた輝きに出会うことが多いので、とても楽しみにしています。
「あ。この作家の小説、もっと読みたい」と思うと矢も盾もたまらなくなりますよね。そんな気持ちを味わわせてくれること、期待しています。

斯界に新風を吹き込む、意気込みに溢れた推理短編の書き手の出現を熱望します。
未発表の短編推理小説に限ります。手書きの場合は400字詰原稿用紙換算で30~100枚、1ページ40字×40行で印字したワープロ原稿の場合は8~25枚。
正賞は懐中時計、賞金は30万円です。受賞作は2017年10月発売の小社刊『ミステリーズ!』vol.85に掲載し、また朗読音源化したものを『kikubon(キクボン)』 (株式会社RRJ)にて配信いたします。また、受賞作の電子出版に関する優先権は小社に帰属します。受賞作の映像化等の二次使用に関する処理は、小社に委託するものとします。

 
締切 平成29年(2017年)3月31日[消印有効] 
(鮎川哲也賞とは締切日が異なりますので御注意ください)
■宛先 〒162-0814
東京都新宿区新小川町1-5 東京創元社編集部 ミステリーズ!新人賞係
■発表 小社ホームページ、小社刊『ミステリーズ!』vol.85(2017年10月刊行)誌上で行う予定です。
■注意事項
  • 原稿には必ず通し番号をつけてください。
  • ワープロ原稿の場合は40字×40行で印字し、400字詰原稿用紙に換算した枚数を必ず明記してください。(なお、手書き原稿とワープロ原稿では文字数が多少異なりますが、ご容赦ください。)
  • フロッピー等を使った電子データのままでは受け付けられません。必ず紙に印字したものをお送りください。
  • 別紙に応募者の本名(ふりがな)、郵便番号と住所、電話番号、職業、生年月日を明記してください。また、ペンネームにもふりがなをお願いします。
  • 他の文学賞との二重投稿はご遠慮ください。
  • 商業出版の経歴のある方は、応募時のペンネームと別名義であっても応募者情報に必ず刊行歴をお書きください。
  • メールでの結果通知をご希望の方は、アドレスをお書き添えください。
  • 応募原稿は返却いたしません。必要のある方はあらかじめコピーをお手許にお残しください。
  • 結果通知は選考ごとに通過作のみにお送りいたします。
  • 選考に関するお問い合わせはご遠慮ください。