ミステリ・SF・ファンタジー・ホラーの専門出版 TOKYO SOGENSHA

ガラスノカオ ガラスの顔

ガラスの顔

在庫僅少

定価
1,870円(本体価格:1,700円)
ジャンル
  1. 海外ミステリ > ミステリ
  1. ファンタジイ > ファンタジイ
レーベル
  1. 創元推理文庫(M)
判型
文庫判
ページ数
626ページ
初版
2024年5月31日
ISBN
978-4-488-15110-2
Cコード
C0197
文庫コード
M-ハ-27-4
装画
牧野千穂
装幀
大野リサ

オンライン書店で購入

内容紹介

地下都市カヴェルナの人々は自分の表情をもたず《面(おも)》と呼ばれる作られた表情を教わる。その街に住むチーズ造りの親方に拾われた幼子ネヴァフェルは、一瞬たりともじっとしていられない好奇心のかたまりのような少女に育った。ある日親方のもとを抜けだした彼女は、都市全体を揺るがす陰謀の中に放り込まれ……。『嘘の木』の著者が健気な少女の冒険を描く、カーネギー賞候補作。訳者あとがき=児玉敦子

著者紹介

フランシス・ハーディング

英国ケント州生まれ。オックスフォード大学卒業後、2005年に発表したデビュー作Fly By Nightでブランフォード・ボウズ賞を受賞。2011年に発表したTwilight Robberyがガーディアン賞の最終候補に、また2012年の『ガラスの顔』がカーネギー賞候補に、2014年の『カッコーの歌』は英国幻想文学大賞を受賞し、カーネギー賞の最終候補になった。そして2015年、『嘘の木』でコスタ賞(旧ウィットブレッド賞)の児童文学部門、さらに同賞の全部門を通しての大賞に選ばれるという快挙を成し遂げ、米国のボストングローブ・ホーンブック賞も受賞、カーネギー賞の最終候補にもなった。2017年に刊行された『影を呑んだ少女』も同賞の最終候補作に選ばれた。

児玉敦子 (コダマアツコ)

東京都生まれ。国際基督教大学教養学部社会科学部卒。英米文学翻訳家。主な訳書にハーディング『カッコーの歌』『影を呑んだ少女』『ガラスの顔』『呪いを解く者』、共訳に『ネイサン・チェン自伝』などがある。

この本もおすすめ