ミステリ・SF・ファンタジー・ホラーの専門出版 TOKYO SOGENSHA

ヘイセイカイキショウセツケッサクシュウ2 平成怪奇小説傑作集〈2〉

平成怪奇小説傑作集〈2〉

在庫あり

定価
1,430円(本体価格:1,300円)
ジャンル
  1. ホラー > アンソロジー
レーベル
  1. 創元推理文庫(F)
判型
文庫判
ページ数
474ページ
初版
2019年9月27日
ISBN
978-4-488-56407-0
Cコード
C0193
文庫コード
F-ん-3-4
写真・装幀
柳川貴代

オンライン書店で購入

内容紹介

ホラー・ジャパネスクと怪談実話の興隆で幕を開けた平成の怪奇小説シーンは、やがて多くの人気作家や異色作家を巻きこみながら、幻想と怪奇と恐怖のけんらん絢爛たるるつぼ坩堝を形成してゆく。平成の三十余年間に生み出された名作を、全三巻に精選収録するアンソロジー。第二巻は平成10年発表の小川洋子「匂いの収集」から19年の山白朝子「鳥とファフロッキーズ現象について」の全十八作。

目次

小川洋子「匂いの収集」
飯田茂実「一文物語集(244~255)」
鈴木光司「空に浮かぶ棺」
牧野修「グノーシス心中」
津原泰水「水牛群」
福澤徹三「厠牡丹」
川上弘美「海馬」
岩井志麻子「乞食(ほいと)柱」
朱川湊人「トカビの夜」
恩田陸「蛇と虹」
浅田次郎「お狐様の話」
森見登美彦「水神」
光原百合「帰去来の井戸」
綾辻行人「六山の夜」
我妻俊樹「歌舞伎」
勝山海百合「軍馬の帰還」
田辺青蛙「芙蓉蟹」
山白朝子「鳥とファフロッキーズ現象について」

著者紹介

東雅夫 (ヒガシマサオ)

1958年神奈川県生まれ。早稲田大学卒。文芸評論家、アンソロジスト。怪談専門誌『幽』編集顧問。著書に『遠野物語と怪談の時代』(日本推理作家協会賞受賞)、『百物語の怪談史』ほか、編纂書に『日本怪奇小説傑作集』全3巻(紀田順一郎と共編)、〈文豪怪談傑作選〉シリーズほか多数。

著訳者の既刊本

この本もおすすめ