ミステリ・SF・ファンタジー・ホラーの専門出版 TOKYO SOGENSHA

フウガ 風牙 【単行本版】

風牙

在庫あり

定価
2,200円(本体価格:2,000円)
ジャンル
  1. SF > 連作短編集
レーベル
  1. 創元日本SF叢書
判型
四六判仮フランス装
ページ数
360ページ
初版
2018年10月31日
ISBN
978-4-488-01829-0
Cコード
C0093
装画
しおん
装幀
岩郷重力+S.K

オンライン書店で購入

内容紹介

記憶翻訳者(インタープリタ)とは、依頼人の心から抽出した記憶データに潜行し、他者に理解可能な映像として再構築する技能者である。珊瑚(さんご)はトップ・インタープリタとして期待され、さまざまな背景を持つ依頼人の記憶翻訳を手がけていた。しかし彼女にとって人の記憶と深く関わることは、自分自身のなかにある埋められない欠落と向き合うことでもあった――第5回創元SF短編賞を受賞した表題作にはじまる連作短編集。

文庫版では『記憶翻訳者 いつか光になる』と改題しました。

目次

「風牙」
「閉鎖回廊」
「みなもとに還る」
「虚ろの座」

著者紹介

門田充宏 (モンデンミツヒロ)

1967年北海道根室市生まれ。3歳から11歳までは大阪、その後北海道に戻って根室と小樽で育ち、高校卒業以降は東京在住。一橋大学社会学部卒、2018年現在会社員。
2014年、「風牙」で第5回創元SF短編賞を受賞(高島雄哉「ランドスケープと夏の定理」と同時受賞)。Twitterアカウントは@gtfld。

著訳者の既刊本

この本もおすすめ