ミステリ・SF・ファンタジー・ホラーの専門出版 TOKYO SOGENSHA

ランドスケープトナツノテイリ ランドスケープと夏の定理 【単行本版】

ランドスケープと夏の定理

在庫あり

定価
2,090円(本体価格:1,900円)
ジャンル
  1. SF > ハードSF
レーベル
  1. 創元日本SF叢書
判型
四六判仮フランス装
ページ数
294ページ
初版
2018年8月31日
ISBN
978-4-488-01828-3
Cコード
C0093
装画
加藤直之
装幀
岩郷重力+T.K

オンライン書店で購入

内容紹介

ぼくらが到達した宇宙と知性のすべて

地球随一の天才物理学者である気の強い姉に、なにかにつけて振りまわされるぼく。大学四年生だった夏に日本でおこなわれた「あの実験」から三年、ぼくはまたしても姉に呼び出された。向かった先は宇宙空間――ラグランジュポイントL2に浮かぶ国際研究施設だ。姉はそこで誰にも知られることなく、宇宙論に関するある途轍もない実験を準備していた。第五回創元SF短編賞を受賞した表題作にはじまる全三話。瀬名秀明が「日本SFの歴史を次の五十年に受け渡す傑作」と激賞した、新時代の理論派ハードSF。著者あとがき/解説=堺三保

目次

「ランドスケープと夏の定理」
「ベアトリスの傷つかない戦場」
「楽園の速度」

著者紹介

高島雄哉 (タカシマユウヤ)

1977年山口県宇部市生まれ。徳山市(現・周南市)育ち。東京都杉並区在住。東京大学理学部物理学科卒、東京藝術大学美術学部芸術学科卒。2014年、第5回創元SF短編賞を「ランドスケープと夏の定理」で受賞(門田充宏「風牙」と同時受賞)、2018年に、これを長編化した初の著書『ランドスケープと夏の定理』を上梓。同書は新人作家の第一作ながら『SFが読みたい!』で国内編第5位となり、2019年の星雲賞日本長編部門の候補となるなど高い評価を得た。また、2016年の劇場用アニメーション『ゼーガペインADP』ではSF考証を担当、以降『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』『ブルバスター』など多くの作品に参加している。『アニメのSF考証家が描く未来のカタチ 21.5 世紀 僕たちはどう生きるか?』は2020年第51回星雲賞ノンフィクション部門参考候補作に選出。

著訳者の既刊本

この本もおすすめ