ミステリ・SF・ファンタジー・ホラーの専門出版 TOKYO SOGENSHA

ロンドンユウレイタンケッサクシュウ ロンドン幽霊譚傑作集

ロンドン幽霊譚傑作集

在庫僅少

定価
1,210円(本体価格:1,100円)
ジャンル
  1. ホラー > 短編集
レーベル
  1. 創元推理文庫(F)
判型
文庫判
ページ数
399ページ
初版
2024年2月29日
ISBN
978-4-488-58408-5
Cコード
C0197
文庫コード
F-ン-11-2
写真
(c)Bridgeman Images/amanaimages
装幀
山田英春

オンライン書店で購入

内容紹介

19世紀ヴィクトリア朝ロンドン。産業・文化ともに栄える一方で、犯罪譚や怪談が流行する魔の都としての貌も持ち合わせていた。陽光あふれる公園の一角で霊に遭遇した美しき寡婦(かふ)を巡る愛憎劇「ザント夫人と幽霊」、愛人を催眠術で殺害した医師が降霊会で過去の罪と対峙する「降霊会の部屋にて」ほか、ロンドンで囁かれるゴースト・ストーリー13篇を収録。集中12篇が本邦初訳。

目次

ウィルキー・コリンズ「ザント夫人と幽霊 」
ダイナ・マリア・クレイク「C─ストリートの旅籠(はたご)」
エドワード・マーシー「ウェラム・スクエア十一番地」
フローレンス・マリヤット「シャーロット・クレイの幽霊」
シャーロット・リデル「ハートフォード・オドンネルの凶兆」
トマス・ウィルキンソン・スペイト「ファージング館の出来事」
レティス・ガルブレイス「降霊会の部屋にて」
イーディス・ネズビット「黒檀の額縁」
ローダ・ブロートン「事実を、事実のすべてを、なによりも事実を」
メアリ・エリザベス・ブラッドン「女優の最後の舞台」
メアリ・ルイーザ・モールズワース「揺らめく裳裾(もすそ)」
ルイーザ・ボールドウィン「隣牀(りんしよう)の患者」
ウォルター・ベサント、ジェイムズ・ライス「令嬢キティー」

著者紹介

夏来健次 (ナツキケンジ)

1954年新潟県生まれ。主な訳書にスティーヴンスン『ジキル博士とハイド氏』、ホジスン『幽霊狩人カーナッキの事件簿』、レノルズ『人狼ヴァグナー』、編書に『英国クリスマス幽霊譚傑作集』、共編書に『吸血鬼ラスヴァン』などがある。

この本もおすすめ