ミステリ・SF・ファンタジー・ホラーの専門出版 TOKYO SOGENSHA

ギンコウゴウトウニアッテツマガチヂンデシマッタジケン/キミョウトイウナノゴニンキョウダイ 銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件/奇妙という名の五人兄妹

銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件/奇妙という名の五人兄妹

在庫あり

定価
1,496円(本体価格:1,360円)
ジャンル
  1. 一般文芸 > 奇妙な味
レーベル
  1. 創元推理文庫(F)
判型
文庫判
ページ数
426ページ
初版
2023年6月9日
ISBN
978-4-488-57907-4
Cコード
C0197
文庫コード
F-カ-4-1
装幀
森田恭行(キガミッツ)

オンライン書店で購入

内容紹介

舞台化不可能と言われた名作がついに世界初上演!

妻が奇妙な強盗事件に遭遇した。犯人は人々から「もっとも思い入れのあるもの」を奪っていったという。以来、なぜか妻の身長は縮んでいき……。/生まれつきの厄介な〈力〉に悩まされてきた五人兄妹。祖母から〈力〉を消してやると言われた三女は、ひと癖もふた癖もある兄妹たちを集めるため奔走する。──おかしな運命が照らし出す家族のつながり。輝かしい小説世界を合本で贈る。

舞台化不可能と言われた名作がついに世界初上演!


著者紹介

アンドリュー・カウフマン

カナダ生まれの作家、脚本家、ラジオ・プロデューサー。All My Friends Are Superheroes(2003)で作家デビュー。『銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件』(2010)が、独立系出版社からの刊行作品を対象とするカナダの文学賞The ReLit Awardsの小説部門を受賞。『奇妙という名の五人兄妹』(2012)は、ユーモア作品を対象とするカナダの文学賞Leacock Medalの最終候補となった。その他の著作にThe Waterproof Bible(2010)、Small Claims(2017)、The Ticking Heart(2019)がある。

田内志文 (タウチシモン)

文筆家、スヌーカー選手。訳書にコナリー『失われたものたちの本』『キャクストン私設図書館』、ジャクソン『10の奇妙な話』『こうしてイギリスから熊がいなくなりました』、カウフマン『銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件/奇妙という名の五人兄妹』、スティーヴンソン『新訳 ジキル博士とハイド氏』、オーウェル『1984』などがあるほか、アンソロジー『辞書、のような物語。』に短編「レネの村の辞書」が収録されている。