ミステリ・SF・ファンタジー・ホラーの専門出版 TOKYO SOGENSHA

エイエンノナツヲアトニ 永遠の夏をあとに

永遠の夏をあとに

在庫あり

定価
1,760円(本体価格:1,600円)
ジャンル
  1. ファンタジイ > ファンタジイ
判型
四六判仮フランス装
ページ数
328ページ
初版
2020年4月24日
ISBN
978-4-488-02808-4
Cコード
C0093
装画
中村至宏
装幀
西村弘美

オンライン書店で購入

内容紹介

田舎町に住む小学六年生の拓人は、幼い頃に神隠しに遭い、その間の記憶を失っている。そんな拓人の前に、弓月小夜子と名乗る、年上の少女が現れた。以前、拓人の母とともに三人で暮らしていたことがあるというが、拓人はどうしても思いだせない。母の入院のため、小学生最後の夏休みを小夜子(サヤ)と過ごすことになった拓人。だが、サヤはなぜか自分のことを語ろうとしない。拓人の記憶に時折よぎるのは、降りしきる花びらと、深山で鳴りつづけるバイオリンの音、月が狂ったように輝く海――なぜ俺はサヤを忘れてる?
《彩雲国物語》の著者が描く、やるせないほど切ない夏の物語。

著訳者の既刊本