お知らせ

  • お知らせトップへ

2020.03.18


雪乃紗衣『永遠の夏をあとに』サイン本ネット販売のお知らせ

eien.jpg
カバーイラスト:中村至宏


4月20日発売の雪乃紗衣『永遠の夏をあとに』(四六判仮フランス装/税込定価1,760円)の著者サイン本を、ネット予約販売いたします!

当サイトを通して『永遠の夏をあとに』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は3月25日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。

サイン本のお申し込みはこちらから。
※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

『永遠の夏をあとに』内容紹介◆
田舎町に住む小学六年生の拓人は、幼い頃に神隠しに遭い、その間の記憶を失っている。そんな拓人の前に、弓月小夜子と名乗る、年上の少女が現れた。以前、拓人の母とともに三人で暮らしていたことがあるというが、拓人はどうしても思いだせない。母の入院のため、小学生最後の夏休みを小夜子(サヤ)と過ごすことになった拓人。だが、サヤはなぜか自分のことを語ろうとしない。拓人の記憶に時折よぎるのは、降りしきる花びらと、深山で鳴りつづけるバイオリンの音、月が狂ったように輝く海――なぜ俺はサヤを忘れてる?
《彩雲国物語》の著者が描く、やるせないほど切ない夏の物語。

著者紹介
雪乃紗衣(ゆきの・さい)
2002年、『彩雲国綺譚』で第1回ビーンズ小説賞の読者賞と奨励賞を受賞。翌年に同作を改題・改稿した『彩雲国物語 はじまりの風は紅く』でデビュー。同シリーズはアニメ化され、累計650万部を超える大ヒットとなる。他の著書に《レアリア》シリーズ、『エンド オブ スカイ』がある。

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2020年4月下旬になる予定です。あらかじめご了承ください。


 


東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!