お知らせ

  • お知らせトップへ

2019.12.16


【プレスリリース】『カササギ殺人事件』に続いて、2年連続ミステリランキング4冠制覇!! 累計12万部、アンソニー・ホロヴィッツ『メインテーマは殺人』

『カササギ殺人事件』に続いて、2年連続ミステリランキング4冠制覇!!
累計12万部、アンソニー・ホロヴィッツ『メインテーマは殺人』


01.jpg 『カササギ殺人事件』で、昨年の主要ミステリランキング(「このミステリーがすごい!2019」(宝島社)、「週刊文春ミステリーベスト10」(文藝春秋)、「本格ミステリベスト・10」(原書房)、「このミステリが読みたい!2019」(早川書房))で見事に4冠を達成し、さらに本屋大賞翻訳小説部門でも1位となった、アンソニー・ホロヴィッツの最新作、『メインテーマは殺人』が今年も主要ミステリランキング4冠という史上初の快挙を達成しました。

『メインテーマは殺人』内容紹介 】
自らの葬儀の手配をしたまさにその日、資産家の老婦人は絞殺された。彼女は、自分が殺されると知っていたのか?
作家のわたし、ホロヴィッツはドラマの脚本執筆で知りあった元刑事ホーソーンから、この奇妙な事件を捜査する自分を本にしないかと誘われる......。
自らをワトスン役に配した、謎解きの魅力全開の犯人当てミステリ!

「犯人当て」に真っ向から挑んだ本作は、多くのミステリ書評家や脚本家・映画監督の三谷幸喜さんからも絶賛されています。

(前略)この小説。日本で一番楽しんだのはひょっとして僕なのではないだろうか、とふと思った。
「三谷幸喜のありふれた生活」朝日新聞(2019年10月24日夕刊)

ランキング前から売れ行き好調だった『メインテーマは殺人』は現在12万部(5刷)まで部数を伸ばしており、ランキング入りのおかげで今後ますます多くの読者のもとに届きそうな勢いになっています。

『カササギ殺人事件』は上下巻併せて31万部を突破しており、いまだに売れ続けていますが、『メインテーマは殺人』の4冠制覇を受けてまた新たな読者を開拓しそうな勢いです。

『メインテーマは殺人』は、シリーズの1作目となっており、全10冊シリーズの2作目は来年刊行予定です。
さらには『カササギ殺人事件』に登場した名探偵・アティカス・ピュントが活躍するシリーズの1作目も書きあがり、今後もアンソニー・ホロヴィッツ作品が日本ミステリ界を大きく賑わせることになりますので、ぜひご注目ください。

アンソニー・ホロヴィッツ『メインテーマは殺人』紹介サイトURL:
http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488265090

■アンソニー・ホロヴィッツ
イギリスを代表する作家。ヤングアダルト作品〈女王陛下の少年スパイ! アレックス〉シリーズがベストセラーになったほか、人気テレビドラマ『刑事フォイル』『バーナビー警部』の脚本を手掛ける。コナン・ドイル財団公認のシャーロック・ホームズ・シリーズの新作長編『シャーロック・ホームズ 絹の家』『モリアーティ』、イアン・フレミング財団公認の『007 逆襲のトリガー』で、翻訳ミステリ界の話題をさらった。

1912111733_s.jpg
【会社概要】
株式会社 東京創元社
〒162-0814
東京都新宿区新小川町1-5
http://www.tsogen.co.jp

【お問い合わせ先】
tel 03-3268-8204(fax 8409)
tss@tsogen.co.jp

【営業部(書店・販売会社様お問い合わせ先)】
tel 03-3268-8231(fax 8230)
sales@tsogen.co.jp

プレスリリース用PDF原稿のダウンロードはこちらから。