お知らせ

  • お知らせトップへ

2019.09.20


町田そのこ『うつくしが丘の不幸の家』サイン本ネット販売のお知らせ

jpg 10月30日発売の町田そのこ『うつくしが丘の不幸の家』(四六判仮フランス装/税込定価1,760円)の著者サイン本を、ネット予約販売いたします!

当サイトを通して『うつくしが丘の不幸の家』をお買いあげいただく方へのサービスです。ご応募の締切は9月27日17時といたしますが、先着順で満数になりしだい受付を締め切らせていただきます。なお、お1人様1冊限りとさせていただきます。あらかじめご了承ください。

サイン本のお申し込みはこちらから。
※サイン本専用の楽天ブックスのページからのお申し込みとなります。

『うつくしが丘の不幸の家』内容紹介◆
築25年の三階建て一軒家を購入し、一階部分を店舗用に改築。美容師の美保理にとって、これから夫の譲と暮らすこの家は、夢としあわせの象徴だった。朝、店先を通りかかった女性に「ここが『不幸の家』だって呼ばれているのを知っていて買われたの?」と言われるまでは――。わたしが不幸かどうかを決めるのは、他人ではない。『不幸の家』で自らのしあわせについて考えることになった五つの家族をふっくらと描く、傑作連作小説。

著者紹介
町田そのこ(まちだ・そのこ)
1980年福岡県生まれ。2016年、短編「カメルーンの青い魚」で第15回「女による女のためのR-18文学賞」大賞を受賞。翌年、受賞作を収録した作品集『夜空に泳ぐチョコレートグラミー』で本格的なデビューを飾る。18年には『ぎょらん』を発表した。登場人物たちを厳しくもあたたかな視線で多面的に描く筆力を持つ、今後の活躍が楽しみなストーリーテラー。

※サイン本ネット販売の詳細・お申し込みについては、こちらをご覧ください。

お届けは2019年10月下旬になる予定です。あらかじめご了承ください。


 


東京創元社のWebマガジン|Webミステリーズ!