お知らせ

  • お知らせトップへ

2018.09.03


画集『田中寛崇作品集 ENCOUNTER』・創元推理文庫『図書館の殺人』刊行記念 田中寛崇×青崎有吾トークイベント(10月4日)

田中寛崇作品集 ENCOUNTER
田中寛崇先生、初の画集『田中寛崇作品集 ENCOUNTER』と、青崎有吾先生『図書館の殺人』文庫化を記念して、おふたりのトーク&サイン会が2018年10月4日(木)にジュンク堂書店池袋本店で行われます。

************

気鋭のイラストレーター・田中寛崇と、本格ミステリ界の若き旗手・青崎有吾。業界の注目を集めるふたりの作品の刊行を記念して、トークイベント・サイン会を開催いたします。
おふたりには、今回の画集刊行のウラ話と大人気シリーズ〈裏染天馬シリーズ〉について、またそれぞれの創作にまつわるエピソードなどをざっくばらんにお話しいただきます。
トーク後にはサイン会も開催いたします。グッズの販売もございますので要チェックです。ご来場お待ちしております。

図書館の殺人
【講師紹介】
田中寛崇(たなか・ひろたか)
1986年新潟県生まれ。多摩美術大学卒。青崎有吾『体育館の殺人』の装画などで注目を集める気鋭のイラストレーター。池井戸潤、赤川次郎などの人気作家の装画を手掛けるほか、CDジャケットをはじめライブイベントのキービジュアルなど、幅広いジャンルで活躍している。巨大建築物や工場と女子高生といった独特の組み合わせや、凛とした美少女イラストなどで人気を集めている。音楽とガンダムをこよなく愛する。

青崎有吾(あおさき・ゆうご)
1991年神奈川県生まれ。明治大学卒。学生時代はミステリ研究会に所属し、2012年『体育館の殺人』で第22回鮎川哲也賞を受賞しデビュー。エラリー・クイーンを思わせる論理展開と、キャラクターの妙味で人気を博す。著作は他に、『水族館の殺人』『風ヶ丘五十円玉祭りの謎』『図書館の殺人』『アンデッドガール・マーダーファルス1』『アンデッドガール・マーダーファルス2』『ノッキンオン・ロックドドア』がある。

ジュンク堂書店池袋本店
開催日時:2018年10月4日(木)19:30~(開場19:00)
★入場料はドリンク付きで1000円です。当日、会場の4F喫茶受付でお支払いくださいませ。
※事前のご予約が必要です。1階サービスコーナーもしくはお電話にてご予約承ります。
※トークは特には整理券、ご予約のお控え等をお渡ししておりません。
※ご予約をキャンセルされる場合、ご連絡をお願い致します。(電話:03-5956-6111) 

■イベントに関するお問い合わせ、ご予約は下記へお願いいたします。
ジュンク堂書店池袋本店
TEL 03-5956-6111
東京都豊島区南池袋2-15-5

詳細はこちらのサイトをご覧ください。



推理小説の月刊Webマガジン|Webミステリーズ!