ミステリ・SF・ファンタジー・ホラーの専門出版 TOKYO SOGENSHA

マヨイノタニ 迷いの谷 平井呈一怪談翻訳集成

迷いの谷

在庫僅少

定価
1,650円(本体価格:1,500円)
ジャンル
  1. ホラー > アンソロジー
レーベル
  1. 創元推理文庫(F)
判型
文庫判
ページ数
614ページ
初版
2023年5月31日
ISBN
978-4-488-58509-9
Cコード
C0197
文庫コード
F-ン-10-2
装画
タダジュン
装幀
山田英春

オンライン書店で購入

内容紹介

20世紀英国を代表する怪奇小説の三巨匠としてマッケンの他に平井が名を挙げたのが、優れた古典の素養と洗練された話術で人気を博したM・R・ジェイムズ、緻密(ちみつ)な描写で純粋な恐怖を顕現せしめるアルジャーノン・ブラックウッドだ。両者の魅力が横溢(おういつ)する短篇群とコッパード「シルヴァ・サアカス」、ホフマン「古城物語」に加え、ハーンの怪奇文学講義、多彩なエッセーを併録する。

目次

〈Ⅰ〉M・R・ジェイムズ集
「消えた心臓 」
「マグナス伯爵」

〈Ⅱ〉アルジャーノン・ブラックウッド集
「人形」
「部屋の主」
「猫町」
「片袖」
「約束」
「迷いの谷」

〈Ⅲ〉初期翻訳
A・E・コッパード「シルヴァ・サアカス」
E・T・A・ホフマン「古城物語」

〈Ⅳ〉ラフカディオ・ハーンの怪奇文学講義
「モンク・ルイス」と恐怖怪奇派
小説における超自然の価値


〈付録〉エッセー

この本もおすすめ