ミステリ・SF・ファンタジー・ホラーの専門出版 TOKYO SOGENSHA

カジンタンテイテイカ 歌人探偵定家 百人一首推理抄

歌人探偵定家

在庫僅少

定価
1,980円(本体価格:1,800円)
ジャンル
  1. 国内ミステリ > 歴史ミステリ
判型
四六判並製
ページ数
286ページ
初版
2024年6月14日
ISBN
978-4-488-02904-3
Cコード
C0093
装画
すり餌
装幀
長﨑綾(next door design)

オンライン書店で購入

内容紹介

一一八六年。平家一門の生き残りである、亡き平頼盛の長男、保盛はある日、都の松木立で女のバラバラ死体が発見された現場に遭遇する。生首には紫式部の和歌「めぐりあひて 見しやそれとも わかぬまに 雲隠れにし 夜半(よは)の月かな」が書かれた札が針で留められ、野次馬達はその惨状から鬼の仕業だと恐れていた。そこに現れた、保盛の友人で和歌を愛してやまない青年歌人・藤原定家は「屍に添えて和歌を汚す者は許せん」と憤慨。死体を検分する能力のある保盛を巻きこみ、事件解決に乗り出す! 後に『小倉百人一首』に選出された和歌の絡む五つの謎を、異色のバディが解く連作ミステリ。著者あとがき=羽生飛鳥

目次

「一 くもがくれにし よはのつきかな」
「二 かこちがほなる わがなみだかな」      
「三 からくれなゐに みづくくるとは」      
「四 もみぢのにしき かみのまにまに」      
「五 しのぶることの よわりもぞする」 

著者紹介

羽生飛鳥 (ハニュウアスカ)

1982年神奈川県生まれ。上智大学卒。2018年「屍実盛(かばねさねもり)」で第15回ミステリーズ!新人賞を受賞。2021年同作を収録した『蝶として死す 平家物語推理抄』でデビュー。同年、同作は第4回細谷正充賞を受賞した。他の著作に『揺籃の都 平家物語推理抄』『『吾妻鏡』にみる ここがヘンだよ!鎌倉武士』がある。また、児童文学作家としても活躍している(齊藤飛鳥名義)。

著訳者の既刊本

この本もおすすめ