ミステリ・SF・ファンタジー・ホラーの専門出版 TOKYO SOGENSHA

ヨウカイノコ、ソダテマス4 妖怪の子、育てます〈4〉

妖怪の子、育てます〈4〉

在庫僅少

定価
990円(本体価格:900円)
ジャンル
  1. ファンタジイ
シリーズ
  1. 妖怪の子、育てます(児童書版)
判型
四六判並製
ページ数
191ページ
初版
2024年6月21日
ISBN
978-4-488-02864-0
Cコード
C0093
装画
Minoru
装幀
藤田知子

オンライン書店で購入

内容紹介

なかよし双子(ふたご)の前にあらわれた知らない女の子。ふたりの父を「おとっつぁん」と呼(よ)んだので、とんでもない大さわぎに!!

大人気の〈妖怪の子、育てます〉シリーズ第4弾(だん)!

目次

序章(じょしょう)
1 千吉(せんきち)の願(ねが)い
2 黒守(くろもり)が預(あず)けた子
3 椒(はじかみ)御前(ごぜん)
4 久蔵(きゅうぞう)の娘(むすめ)
5 再会(さいかい)
6 真実
7 朔ノ宮(さくのみや)の警告(けいこく)
8 強さを求(もと)めて
9 大妖(たいよう)の力

著者紹介

廣嶋玲子 (ヒロシマレイコ)

神奈川県生まれ。『水妖の森』で、ジュニア冒険小説大賞を受賞し2006年にデビュー。主な作品に〈妖怪の子預かります〉シリーズ、〈ナルマーン年代記〉三部作、〈ふしぎ駄菓子屋 銭天堂〉シリーズ、〈十年屋〉シリーズ、〈鬼遊び〉シリーズ、〈おっちょこ魔女先生〉シリーズ、〈秘密に満ちた魔石館〉シリーズ、〈トラブル旅行社(トラベル)〉シリーズや、『鳥籠の家』などがある。

Minoru (ミノル)

大阪府生まれ。京都精華大学デザイン学部VD学科イラストレーションコース卒業。動物や人物などをモチーフに模様を組み合わせた独特な雰囲気の作品を多数制作。装画を中心に活動中。主な装画作品に〈妖怪の子預かります〉シリーズ(廣嶋玲子作)、『湊町の寅吉』(藤村沙希作)、『南河国物語 暴走少女、国をすくう?の巻』(濱野京子作)などがある。

この本もおすすめ