ウタウフネ

歌う船

アン・マキャフリー
酒匂真理子


歌う船

ジャンル
SF > スペースオペラ
SF > 連作短編集
レーベル
創元SF文庫
シリーズ
歌う船シリーズ

判型:文庫判
ページ数:378ページ
初版:1984年1月27日

ISBN:978-4-488-68301-6
Cコード:C0197
文庫コード:SF-マ-1-1

装画:浅田隆
装幀:矢島高光


内容紹介

金属の殻に封じ込められ、神経シナプスを宇宙船の維持と管理に従事する各種の機械装置につながれたヘルヴァは、優秀なサイボーグ宇宙船だった。〈中央諸世界〉に所属する彼女は銀河を駆けめぐり、苛烈な任務をこなしていく。だが、嘆き、喜び、愛し、歌う、彼女はやっぱり女の子なのだ……! サイボーグ宇宙船の活躍を描く傑作オムニバス長編。解説=新藤克己


目次

「歌った船」
「嘆いた船」
「殺した船」
「劇的任務」
「あざむいた船」
「伴侶を得た船」



アン・マキャフリー

アメリカの作家。1926年生まれ。女性作家が繚乱するアメリカSF界でもナンバーワンの人気を誇る。女性を主人公とする情感溢れる物語づくりに定評があり、各種あるシリーズの中では≪パーンの竜騎士≫が有名だが、著者自身最も愛着があると語るのが、デビュー間もない頃に書いた『歌う船』である。宇宙船の身体をもつ一人の少女の冒険を綴った傑作連作集で、その後シリーズ化された。2011年没。